2013年07月22日

平泳ぎ専門でない人が2ブレを泳ぐ方法

2013.07.15.pdf
↑週間メニューです。


今年は5月に短水路で、7月に長水路で2ブレを泳ぎました。

普段は平泳ぎを専門に泳いでませんので、レースに向けて何を練習するか考えました。

1.まずキックで200泳ごう
 平泳ぎの推進力はプル3割、キック7割と言われたりしますが(2割と8割という人も)、平泳ぎ専門でない人がプルで何m泳げるのでしょうか。ちなみに私は50m×4本をいきなりプルでやろうとすると2本目で腕が動かなくなります。つまり、2ブレを泳ぎ切るには、キックに頼るしかありません。もうこの際キック10割でもいいやくらいの意識で、200mを同じペースで安定して泳げるようにキック練習(ビート板使用)をします。

最初はゆっくり、最後まで同じベースで… 

 次に、50mを4回、今度はビート板を使わずに、手を前に伸ばしてグライドキックで泳ぎます。先ほどのビート板キック200mのペースよりちょっと早めに(50mで1〜2秒)泳げればOK。

 これで2ブレ泳げるようになります(^^) え?プルどうしたって?

2.プルはスカーリングで
 実はプルで進める人はあまりいません。かいた分がそのまま抵抗になってる人も見かけます。そこで、最初からプルはあきらめて、キックとのタイミングをあわせて呼吸をするために、小さくコンパクトにスカーリングの要領でかく方針にしました。

 先ほどのグライドキックに、フロントスカル(orサークルスカル)を入れて50mを4回、グライドキックより1〜2秒ほど早めに泳げればOK。

 さぁこれで2ブレ泳げます。あとは練習でタイムを削り、ラスト腕に余力があれば普通のプルに戻してスパートをかければ気持ちよくゴールできます。

こんな感じです。実際にはプルは50m×4本泳げる程度には鍛えましたが、逆に力に頼ってスイムでタイムが落ちてしまうので、「かかずに流れに任せて体を前に」を意識してプルを行っています。
 
posted by えら♪ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック